暮らし

お守りを処分する方法を、伝授します!あなたの家にも眠っているはず!

引っ越しをするにあたり、部屋の掃除をしていたら、出てきたモノ!

それは、神社、お寺のお守りです!

よつば
よつば
処分の方法に困りました…
新米主婦
新米主婦
燃えるゴミにポイってするとバチが当たる気がしますよね・・・。

そこで、調べてみることに!

この記事でわかること
  • お守りの効果はいつまでか
  • お守りの処分の方法

皆さんの家にも、古いお守りが眠っていませんか?

 

お守りの効果はいつまで?

お守りはの効果が続くのは、1年と言われています。

<b>お守りは時間が経つと、本来の効果が発揮できなくなります。</b>

そのため、入れ替えの時期の目安が1年とされています。

また1年に満たなくても、

安産祈願のお守りであれば、子供が産まれたとき

合格祈願のお守りであれば、受験が終わったとき

など、お守りの効力が終わったとされる時期に手放すと良いです。

 

1年経っても効果が出ない場合は、そのお守りを処分し新しいお守りを頂きましょう。

 

この1年は、あくまでも1年は目安であって、必ずしも処分をする必要はありません。

 

思い出のお守りであれば、無理に処分する必要はありません。

処分の仕方

お守りの処分の仕方はいくつかあります。

基本的な考え方は

神社のお守りは神社へ、お寺のお守りはお寺へです

神社

「〇〇大社」「〇〇神宮」

お寺

「〇〇寺院」「〇〇寺」

このようにお守りに書いてありますので、確認をしてみましょう!

これ以外にもいくつか処分する方法がありますのでご紹介します。

神社、お寺に直接持っていく

「返納する」が基本となりますので、神社やお寺を訪れて返納をします。

本来は買った神社やお寺に行くのがいいですが、行けない場合は神社のお守りは神社へ、お寺のお守りはお寺へのルールを守れば

近所の神社やお寺で大丈夫です。

ここでの注意点は宗派です。

お寺には宗派がありますので、宗派が違うお守りは基本的には返さないようにしましょう。

「寺院ナビ」という宗派を調べるサイトがありますので、調べてみて下さい。

参考サイト

衆院ナビ

神社やお寺には、古いお守りやお札を返納する古神納め所があります。

「古札受付」などと書かれた専用箱が置かれていますので、そこにお納めすると、お焚きあげをしてくれます。

分からなければ神主さんや住職さんに聞けば教えてくれますよ。

郵送(遠方の場合)

神社、お寺に出向くのが億劫な場合や、遠くてそこまで足を運べない場合もありますよね。

どうしても買った場所にお納めしたい場合は、神社、お寺に郵送して処分を出来る場合もあります。

郵送する場合は、予めその神社、お寺に

郵送でお焚き上げが出来るか確認を取ってからにしましょう。

もしも郵送が可能なら、封筒に「お焚き上げ希望」と書いてお守りを同封して送ります。

1年中受け付けています。

注意点は、送料は自己負担ではあることです。

その他の料金はかかりません。(お焚き上げ料を入れても可)

どんど焼きで処分

多くの地域では1月8日にどんど焼きを行っており、お正月のしめ縄やお飾り書初めなどを燃やす行事です。

当日来れない人のために、数日前からお納め所を作っているところもあります。

よつば
よつば
私はこの方法で処分しました。

自宅で処分

自宅で処分することも可能です。

この場合は二通りの方法があります。

焼却処分をする

主に一軒家など、ある程度の広さある家限定になりますが、自分の家で燃やして処分する方法です。

ただ燃やすのではなく、ひとつまみの塩と一緒に半紙にお守りを包んで、火の中に入れます。

火事にならないよう注意が必要

お清めをし、可燃ごみとして処分

机の上に半紙又は白い紙を広げ、その上にお守りを置きます。

塩を一つまみ程かけて、最後に包みます。そして可燃ごみとして捨てます。

まとめ:『お守りの効果は1年、自宅でも処分は可能』

お守りの効果が持続するのは、1年です。

しかし思い出のお守りは、手元に持っていても可能です。

効果がなくなったお守りは処分が必要です。

お守りは授かった神社やお寺に、返納するのが基本的な考え方ですが、他の方法でも可能です。

お守りの処分の仕方
  • 神社、お寺に直接持っていく(近所のところでも可)
  • 神社、お寺に郵送する
  • どんど焼きで処分する
  • 自宅で処分(焼却するか、燃えるゴミ)

私は、恋愛の神様がいる神社巡りをした時期もありました。

そのため、恋愛成就のお守りがたくさんありました~!

 

お守りの効果があってもなくても、感謝の気持ちを持って返納しましょう!

この記事では、お守りを「買う」や「処分」という表現をしましたが、

実はお守りは「買う」のではなく、神様や仏様から「授かる」

そして「処分」するではなく、「お納めする、返納」が適切な表現です。

よつば