お金の管理

共通点がある!貯金やお金がない人の特徴と、明日から貯金体質になる方法

「お金がない。」

この言葉、口癖のように言っている人が周りにいませんか?

きちんと働いて、給料を貰っているのに、なぜお金がないのか。

こんな人にぴったり
  • 貯金をしたいのにできない
  • パートナーのお金の使い方が気になる
  • なぜか毎月カツカツで生活している

貯金を持つデメリットはありません。

この記事でわかること
  • お金がない人の特徴
  • 貯金体質になるためする、3つこと

これから貯金をしたい人は、参考になりますよ。

よつば
よつば
脱!隠れビンボー

貯金やお金がない人の特徴

年収300万円でも年間100万円の貯金をしている人もたくさんいます。

一方で年収500万円でも貯金が10万円しかない人もいます。

稼ぎが少ないから貯金出来ないわけではなく、貯金する体質が整っていないのです。

貯金やお金がない人の特徴をいくつかピックアップしてみました。

計画性がなく、お金の流れを把握していない

貯金やお金がない人は、まず計画性がありません。

ふらっとコンビニに寄ってスイーツを買ったり、セールだからと言って服を買ったり。

我慢が苦手で、自分に甘い人が多い傾向にあります。

そして何にいくら使ったのか、把握していません。

気づけば手元のお金を全部使っていたという人が大半です。

お金に関して楽観的で、根拠のない自信を持っている

「来月の給料でどうにかなる」「ボーナスが入るから大丈夫」「親に借りればなんとかなる」

「お金はないけど、なんとかなるだろう」という根拠のない自信を持っている人が多いです。

リボ払い、ボーナス払いをしている人にこの特徴は当てはまります。

実際、なんとかなるんです。生きていけるんですよ。でもそれだとお金は貯まりませんよね。

つい見栄を張ってしまう

借金までして高級車を乗り回したり、高級ブランド品をいくつも買ったり、毎回高級レストランでお食事をしている人いませんか?

SNSの普及が進むにつれて、自分をよく見せたい!という志向の人が普及しましたね。

よつば
よつば
GENKINGもローン地獄に陥ったとテレビで暴露していたね

でも、一度得た豊かな生活から、生活レベルを落とすことって大変ですよね。

ここぞの時の見栄なら悪くないと思いますが、自分をよく見せたいでは浪費が止まりません。

片付けや掃除が苦手

部屋が汚いとどこに何があるかわかりません。また同じものを買ってしまいます。

私の夫が一人暮らしをしていたころ、部屋に遊びに行ったら、ポン酢、みりん、塩コショウが2本ずつありました。

料理好き男子ではありません。

ただ自分の持ち物を把握出来ないタイプなので、このようなことが起こったのです。

貯金体質になるためには


貯金をする意味が分からない人は、

貯金をしなくてもいい

と、個人的には思っています。

でも浪費家を脱却して貯金体質にしたい場合、まずどうしたら良いでしょうか。

貯金の目的を考える

まず貯金の目的を考えてみましょう。

「老後のため」「将来のため」でも構いませんが、まずは「生活防衛資金」を貯めることからスタートしましょう。

「何年後に」「いくら」「なんのために」を具体的にイメージし、金額設定をすることが大切です。

先取り貯金

給料が入ったら、まずは貯金分を先に抜くという方法です。

これは本当に効果的です。

収入-生活費=貯金額

収入-貯金額=生活費

収入からその月の貯金額を引いたお金を、その月の生活費として考えましょう。まずはこのくらいなら先取りしてもOKだなという金額からスタートしてください。

最初から無理をするとストレスになるし、続きませんよ。

少額からスタートして、もっと増やせそうなら増やして行けばいいのです。

よつば
よつば
給料天引きがおすすめ

そして貯金用の口座を作り、その口座のキャッシュカードは普段持ち歩かないのがベスト。

この方法であなたも貯金ができます。3つの目的別口座を管理しよう皆さんは、銀行の口座をいくつ持っていますか? 今の時代、お給料は振込みが主流なので、最低でも1つの口座は持っているとは思います。 ...

そのお金は浪費?それとも投資?

お金を使う際に、これは浪費?投資?と一度立ち止まって考える癖をつけて下さい。

投資と思うなら購入して、浪費と思うなら即購入せずに時間を置いてみて下さい。

物を購入する際の判断力が身に付きます。

よつば
よつば
衝動買いをすることが減りました!

まとめ:『今は貯金やお金のない人でも、貯金のやり方を知れば貯金体質になれる』

私も20代前半の頃は貯金なんてせずに遊んでいました。

しかし当時勤めていた会社の業績が悪くなり、このままでは給料もボーナスも減ると危機を感じ貯金を始めました。

初めは月に2万+夏冬ボーナス合わせて30万と少額から先取り貯金をスタートし、徐々に金額をあげていきました。

気づけば年間100万円の貯金ができるようになり、独身時代に1000万円の貯金をすることに成功

結婚の際にお金を使ったため、貯金額は減りましたが、今でも一部はへそくりとして運用しています。

夫はどちらかと言うと浪費家タイプですが、私はへそくりを持てたことで心に余裕が生まれました。

そのお陰もあり、今のところ夫とお金のことで揉めていません。

この記事を読んで、自分は浪費家タイプかも・・・と気づいたら、それだけでも一歩前進です。

人生の選択肢を増やすためにも貯金をしてみませんか?

よつば