【徹底的に考えてみた】節約とケチの違い

結婚してから『節約』という言葉を意識するようになりました。

そんな時、ふと思ったのです。

節約とケチの違いって、なんだろう・・・。

言葉で見ると、さほど差がないように感じる『節約とケチ』

しかし節約というのは、人によっては褒め言葉にもなり、お金にしっかりした人という印象を受けます。

一方で、ケチというのは悪口にしかなりません。

節約はしたいけど、ケチな人にはなりたくない

そこで『節約とケチの違い』について徹底調査をしてみました。

よつば

目指せ、愛され節約家!

目次

ケチな人と節約家はここが違う!

私が思う、ケチな人と節約家の違いは

ケチな人

自分に得がないと、お金を払わない。常に自分で払うお金を、いかに少なくするかを考えている人。目的がなくお金を貯めている。

節約家

無駄や不必要な出費を減らす意識を持ち、目標を持ってメリハリのあるお金の使い方をする人。

つまり

お金を『貯める』ことが目的がどうか

がポイントだと考えます。

ケチな人は、自分の損得でお金を使う

ケチな人は、お金を使うという行為に抵抗があります。

必要な出費までも削りたがります。

必要経費なのに、無駄なお金と考えてしまうのです。

大切な友人へのプレゼントや、お世話になっている人との交流の時でさえケチってしまいます。

損得で働くので

「この人やモノにお金を使って、果たして元が取れるのか」
「このお金を払うことで、自分にメリットはあるのか」

を常に考えて、お金を使います。

節約家は、メリハリをつけてお金を使う

節約家は、日々の暮らしの無駄を見直し、不必要な出費を減らすことを意識しています。

必要だと思ったら、お金は惜しみなく使います。

損得で動いていませんよね。

日頃から周囲に対し感謝をし、場合によっては大事なお金で貢献します。

つまりどこにお金を投資すべきかきちんと線引きができています。

こんな人はケチと思われる!ケチな人の特徴


周りから「ケチな人」と思われないように、ケチな人の特徴を3つ挙げてみました。

もしかして・・・と心当たりがある人は、少し意識したらいいかもしれませんね。

遠慮や気遣いをせずに、とにかく人を利用する

安く済ませる、お金を払わないで済むなら、それがどんだけ親しい仲でも遠慮はしません。

ケチな人は、自分へのプレゼントには高いものを要求しますが、自分がプレゼントを贈るときは極力安く抑えようとします。

また外食の際に、おごりと分かった途端、たくさん注文を頼んだりします。

でも自分からは一切ご馳走することはありません。

奢ってくれたお返しで何か渡したりすることもしません。

そもそもお返しという考えを持っていないのですから。

自分だけよければ良しの考えなので、タクシーの割り勘もしない人が多いです。

食事や飲み会など、みんなで清算をする時に、こだわりが強い人には注意です。

よつば

こんな友達、いたよね…もう疎遠だけどさ。

他の人の金銭感覚を馬鹿にして、自分の金銭感覚やお金の使い方を正当化する

ケチな人は、自分の金銭感覚を他人に押し付けます。

そのくせ、他人の金銭感覚は馬鹿にしてきます。

一般的に必要経費と思われるものに対しても、「お金の無駄」と難癖をつけます。

その行為が、相手にとって不快だということも理解できていません。

「男性は女性に奢って当たり前」と頭から決めつけてしまう女性には注意が必要です。

また一般的にルール違反である行為までも、平気でしてしまいそれを自慢げに話します。

  • 入園料をごまかした
  • 会社の備品を盗んだ
  • 中学生なのに子供運賃を支払った

こちらがいくらルール違反と指摘しても、言い訳するだけです。

こんな親、嫌ですよね~。

お金やモノに対しての執着が凄すぎる

ケチな人は、お金を貯めることが目的のため究極にお金を使いません。

例えば「寝坊して会社に遅刻しそうだから、タクシーで行こう!」とはなりません。



普段通りに電車で来て、遅刻をしてきます。

靴に穴があいたり、服がヨレヨレで見栄えが悪くなっても、平気で使い続けます。

人間関係よりお金が大事だと、本気で思っているのです。

モノを貸して、返ってこない人はこの執着が強い人の特徴ですね。

あと、部屋が物で溢れて捨てられない人もお金に執着が強いイメージがありますね。

『愛される節約家』になる心得


きちんと節約できで、賢くお金を使いたいですよね。

ケチと呼ばれないための心得を、チェックしてみました。

メリハリのあるお金の使い方をする

自分にとって大切なこと、モノには惜しみなくお金を使いましょう。

節約するのは、欲しいものを買うための手段でしかありません。

お金は使うためのものという意識を持つとメリハリがある使い方ができますよね。

節約は「お金を大切に使う」であって「お金を使わない」ということではないです。

周りからどう思われるか意識を持ち、与えられる人になる

お得なクーポン券があったら使ってもいいんです。

でも無料だからといって必要以上にもらっている人、見かけませんか?

その光景を見た人は

「この人は、ケチくさいな」
「周りの人のことを考えていないな」
「不快だな」

と感じる人もいるはずです。

節度とモラルを持った行動を心掛ける必要がありますね。

よつば

私も気を付けよう・・・


また人間関係は信頼でできています。

他の人から信頼を得る為には、時にはお金を使うこともありますよね。

今自分のできる範囲でいいので、与ることも必要ですね。

まとめ:『ケチはお金に執着し、使わない。節約はお金を大切にし、使う』

今回は、ケチと節約の違いについて自分なりの意見をまとめてみました。


この記事のまとめ
  • ケチな人はお金を使わない努力をしている。
  • 節約家の人はお金を使うために努力をしている。

つまり、お金を貯めることが目的となった場合は、『ケチ』予備軍という考えを導き出しました!


目的のために、お金を貯めるなら『節約』です。

今流行のFIREやサイドFIREを目指して、無駄遣いを省きそのお金を投資に回すのも「節約」ですよね。

だって、目的があるのだから。

「自分はケチになってしまっていないか? 」

私も時々立ち止まって、お金の使い方を見直してみます。

よつば

よかったらシェアしてください
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる