お金の管理

アラサーで貯金なしってヤバくない?とりあえず『生活防衛資金』を持とう!

皆さんは貯金をしていますか?

特に貯金の目的がないから、貯金はしていないよ~というアラサーも多いはず。

アラサーの貯金なしはヤバい!

と大声で言いたいですが、貯金がないアラサーも多いんです。

でもそのままで大丈夫でしょうか…??

  • あなたの会社が倒産するかもしれません。
  • あなたは会社を首になるかもしれません。
  • 今年のボーナスはない、または減るかもしれません。
  • 今の生活をキープできなくなるかもしれません。

そうです。

今は世界的に経済が不安定です。

「自分だけは大丈夫」と自信を持って言えますか?

世間では、「老後資金を今から貯めよう」と言われています。

もちろん老後のお金を貯めるに越したことはありません。

でも3カ月後、半年後・・・と、同じ生活が出来るとは限りません。

老後のことはまだ想像ができない。

でも半年後も同じ生活水準を保っていたいというアラサーの皆さん

『生活防衛資金』を持つことから始めませんか?

この記事でわかること
  • 生活防衛資金とは?
  • なぜ生活防衛資金を貯める必要があるのか?
  • 生活防衛資金の計算方法と貯めかた
  • 生活防衛資金の注意点

実際に私達夫婦(正社員+パート主婦・子供なし)の例も載せていますので、参考にしてください。

生活防衛資金ってなに?

アラサー主婦
アラサー主婦
生活防衛資金?何それ?

『生活防衛資金』とは投資家の人達が使う用語で、

全てのお金を投資に使うのではなく、生活を守るためのお金は残しておきましょう!

という意味で使われています。

まさに2020年は、この生活防衛資金を貯めていないため、不安な日々を送っている人も多いのでは。

収入が減った、収入源が無くなった場合でも、この生活防衛資金があれば、数カ月は今のままでも大丈夫なのです!

「お金がない、どうしよう…」というお金に対する不安やストレスも減ります。

生活防衛資金を貯めるメリット

生活防衛資金を貯めるメリットは、なんといっても『心と生活の安定』です。

つまり精神安定剤のようなものですね!

ついでにいうと、『お金を貯める癖がつく』という一石二鳥なことなのです!

心と生活の安定

「ケガをした」
「会社がしばらく休業した」

など、一時的にお金が入らなくなることもあります。

仮に無収入の状態が半年間あったとしても、生活防衛資金をしっかりと貯めていれば生活に困りません。

生活防衛資金がないと、明日生活できるかもわかりません。

そのためとりあえず手当たり次第、再就職先を探すことになるでしょう。

再就職先がいくらブラック企業だろうと、ぐっと耐えることになります。

だって生きていくためのお金を、稼ぐことが必要だから。

しかし生活防衛資金が手元にある場合は、心にも余裕が生まれます。

就職活動をする時も、焦ってする必要はなくじっくり考えることことができるのです。

仮にブラック企業に再就職しても、生活防衛資金があればすぐに辞めて無職になっても、しばらくはどうにかなります。

お金が貯まりやすくなる

今まで「お金を貯める」ということをしてこなかった人は、これを機に自分のお金の流れを知ることができます。

お金を貯める癖がつきます。

貯金方法はいろいろとあります。

私は先取り貯金をしています。

先に貯金に回すお金を抜いて、残りを生活費に充てる方法です。

1度貯金出来る体質になれば、あとは自然と身に付きます。

いくら貯めればいいのか

アラサー女性
アラサー女性
生活防衛資金の大切さはわかったけど、具体的にいくら貯めればいいの?
よつば
よつば
生活費の半年~1年分と言われているよ!

 

生活費です。

手取りではありません。

つまり同じ手取り20万円でも、住んでいる場所や一人暮らしかどうかで、生活防衛資金が異なります。

まずは、あなたの1カ月の生活費を知る必要があるのです。

生活費を考えるのが面倒な場合は、月収✖3~6カ月分から始めてみるのもありです。

一般的には、下記の数字を貯めようと言われています。

  • 会社員→生活費6ヶ月分
  • 自営業→生活費1年分

会社員は、一定期間雇用保険に加入していれば、万が一働けなくなっても「失業保険」がもらえます。

そのため生活費の6カ月で十分と言われています。

一方自営業の場合は、手当が少ないので1年分必要です。

私達夫婦の生活防衛資金

では、私達夫婦の生活防衛資金はいくら必要か計算してみました。

会社員の夫+パート主婦・子供はなし

まずは1カ月の生活費です。娯楽費や毎月の貯金額は含めていません。

私達夫婦の大まかな生活費

  • 住居費 :5万円
  • 食費  :4万円
  • 水道光熱費:1.6万円
  • 通信費 :1.6万円
  • 保険料 :1.3万
  • 日用品代:1万円
  • 医療費 :0.5万円
  • 交通費 :1万円
  • 美容費 :1万円
      計:17万円

つまり私たちは、1カ月に最低でも必要なお金は17万円です。

私達の生活防衛資金

17万×6ヵ月分=102万円!

 

私達の場合は、102万円必要です。

しかし端数を切り捨てて、100万円を生活防衛資金として持っています。

生活防衛資金の注意点

ご自身の必要な生活防衛資金は、計算できましたか?

次に貯める上で注意点が3つありますので、それぞれ説明しますね。

タンス貯金はNG!普通預金で貯めよう

生活防衛資金は、困った時用の貯金です。

生活用に使う口座や、投資用の口座とは分けて預けておくのがベストです。

すぐに引き出せるように、普通預金で貯金をしましょう!

どの銀行も普通預金の金利は低くて悲しいですが、なるべく置いておくなら金利の良い銀行を探すのがベストです。

タンス貯金もすぐに使えますが、現金のまま家に置いておくのは大変危険です。

火事になったり、泥棒に入られたら…せっかく貯めたお金が消えてしまいます。

借金がある場合、どちらを優先すべき?

奨学金など無利子の場合は、生活防衛資金を貯めながら返済がベストです。

しかし利子がある借金については、そちらを優先して返してから貯めることをおすすめします。

自転車操業を終えてから、スタートしましょう!

生活防衛資金が貯まったら、次にすること

生活防衛資金が貯まるころには、自分の生活も見直せるようになっています。

日々の固定費など見直してください。

特に保険!知らず知らずのうちに、多額な保険料を払っていませんか?

よつば
よつば
私も結婚を機に見直してみました

\プロに無料で相談してみる/

保険料を見直してみる
保険も、もしもの時の備えです。

生活防衛資金があれば、払わなくても良い保険もあります。

お金が貯まったらでいいので、一度保険を見直してみるべきです。

まとめ:『もしもに備えて生活防衛資金を貯めよう』

正直、未来のことなんて誰にも分かりません。

だからこそある程度の備えがあれば、心の余裕が生まれ生活の安定が維持されます。

この記事のまとめ
  1. 生活防衛資金とは「自分の生活を守るため」のもの
  2. 1カ月の生活費で考える(会社員:半年分/自営業:1年分)
  3. 生活費や投資用の口座と分けておく
  4. 普通銀行口座(出来れば金利がいい銀行)に預けておく
  5. 生活防衛資金が貯まったら、日々の無駄なお金の使い方を改善する

もしあなたが、毎月自分のために、自由にお金を使っているのなら

この機会に未来の自分や、大切な人の生活を守るための貯金を始めてみませんか?

よつば