心と身体

コーヒーが苦手ですみません!相手を傷つけずに断る方法

社会に出ると、とにかくコーヒーを勧められる機会が増えます。

大人はみんなコーヒーを飲めると思ったら

大間違いだ~!!!!

と思いますが、実はコーヒーが苦手な人って少数派なんだとか。

こんな人にぴったり
  • コーヒーが苦手
  • コーヒーを断る方法を知りたい
  • コーヒーが苦手と言う人の気持ちを知りたい

なにを隠そう、私もコーヒーが苦手なのです。

少し私の話をしますね。

私は、朝食後はコーヒーを飲む、コーヒー好きな家庭に生まれました。

そのため私も高校生の頃には、コーヒーを飲むことにチャレンジしてみることに。

コーヒーを飲める=大人

という、典型的な価値観を持ち合わせていたのです。

最初は味や香りが苦手だなと思っていました。

でも砂糖やミルクを入れて飲んでいるうちに

「あれ、意外と美味しいじゃん!」と思うように。

大学生になり、スタバで勉強やスタバを持って構内を歩くという、

これまたイケてる学生を装いたいために、カフェに行ったりしていました。

でも、この頃から体調の変化が始まります。

コーヒーやラテを飲んだら、吐き気やお腹がゆるくなるなど身体に症状が出てきます。

どうやらカフェインが合わない体質になってしまったようです。

よつば
よつば
紅茶やお茶に含まれる少量のカフェインなら問題ありません。

 

そんなこんなで、今の今までコーヒーを避ける日々を過ごしています。

色々と試行錯誤をした結果、ベストな断り方を見つけました。

この記事の内容は、

  1. コーヒーが苦手で損したと感じること
  2. コーヒーを勧めてくる人の心理
  3. コーヒーの断り方

を記載しています。

苦手なコーヒーを克服する方法は、載っていませんのでご了承下さい。

断り方だけ知りたい方は、もくじからそのページに飛んでくださいね!

よつば
よつば
これを読めば、もう無理にコーヒーを飲まなくて良くなりますよ~。

教えて!コーヒーが飲めたらいいのに…と思うこと


まずひとくくりに「コーヒーが苦手」といっても、苦手な理由には大きく分けて3つあります。

  1. 味が苦手
  2. 香りが苦手
  3. 体質的に合わない

あなたはどれに当てはまりますか?

いずれにしろ「苦手」には変わりありませんよね。

そこでまず、「コーヒーが苦手」という私が、「コーヒーが飲めたら良かったのにな~」と思ったことをあげてみました。

コーヒーだけ、おかわりが無料または安い

カフェなど行くと、コーヒーのおかわりは無料、または100円など格安で提供されていませんか?

なんでコーヒーだけ!!!と、羨ましく感じてしまいます。

友人とカフェに行きついつい長居してしまった時、私は水で我慢しています。

食後のデザートに、コーヒーしか選択肢がない

コース料理を食べると、食後にはデザートが出ます。

その時に、必ずと言っていいほど温かい飲み物も一緒に提供されますよね。

選択肢として「コーヒー」「紅茶」を選べるお店がほとんどですが

「コーヒー」一択しかないお店もあります。

「コーヒー飲めないので違うのを…」と言っても代替案がないお店もあります。

そんな時は、水で我慢しています。

差し入れがコーヒーしかない

上司が、みんなに差し入れとコーヒーを配ることがありました。

「なぜコーヒーしか買ってこないんだ!」

と、心の中でいつも思っていました。

大勢に配るなら、コーヒーをもらわなければいいだけの話ですが

営業先でコーヒーを出された時や、上司から個別にコーヒーをもらった時も困りましたね。

断り方を知らなかったので、飲んだふりをしていましたよ。

子供扱いされる

「コーヒーが苦手」と公言すると、「え、子供だね~」と言われた経験をお持ちな人も多いのでは?

「コーヒー飲めないと、大人とは言えないよ~」

と、言われたこともありました。

コーヒー差別をしてくる人とは一生仲良くできないのでは…と心底思った瞬間でしたね。

よつば
よつば
カフェインハラスメントだね!

コーヒーを勧めてくる人の心理

まず声を大にして言いたいのが

コーヒーを勧めてくる人は、悪気がない

ということです。そうです。悪気があるのではありません。

むしろ良かれと思ってした好意なのです。

子供には、オレンジジュース、大人にはコーヒーという認識なのです。

つまりコーヒーは、大半な大人が飲める無難な飲み物として考えています。

断り方は「体質的に」が1番いい!

困りウーマン
困りウーマン
どうやって断ったらいいの?
よつば
よつば
体質的にコーヒーが合わないと伝えよう!

コーヒーを断るときの理由は、

「コーヒーを飲むと頭痛や吐き気がする」

などと言った、飲みたいけど身体が拒否する!

体質的に合わない

と伝えましょう。

アレルギーではない場合、「アレルギーがある」と伝えると周りも過剰な対応をする場合があります。

本当にコーヒーを飲んだ時にアレルギー反応が出る場合のみ、「コーヒーを飲むとアレルギーが出来る」と伝えましょう。

体質的に合わない人って、カフェインがダメと言う人が大半です。

100mlあたりのカフェイン量

  • ドリップコーヒー:約90ml、
  • 紅茶:約30ml
  • 緑茶:約20ml

このようにコーヒーには、カフェインが多く含まれています。

少量のカフェインなら大丈夫という人もいます。

よつば
よつば
私もカフェイン量が原因!少量ならOK!

では私が働いていた時に、実践したことをお伝えします。

出される前に「体質的にコーヒーが飲めない」と公言する

まずは周囲の人に、「私は体質的にコーヒーが飲めない」と公言しましょう!

コーヒーが飲めなくても、恥ずかしく思うことは全くありません。

「おこちゃまだね~」と言われても、

「そうなんです。ハンバーグも大好きだし、おこちゃま口なんです♪」

と笑い飛ばしてください。

公言していないだけで、実は私もコーヒー苦手で…と、思わぬ仲間が出来ることもあります。

普段からマイボトルを持ち歩く

私の場合、普段からマイボトルを持ち歩きました。

マイボトルにはハーブティーを入れていましたよ~。

コーヒーよりハーブティーや紅茶が好きな人のイメージを植え付けました。

実際にハーブティーや紅茶が大好きなので、CuckooTeabagを利用して色々と試したりしていました。(今でも使ってます!)

「今日は何飲んでるの~?」と会話のきっかけにもなりましたね。

取引先でコーヒーを提供された場合

取引先を訪れた時、コーヒーが苦手と伝えない場合があります。

コーヒーを入れてくれる前に、お断りが出来ればいいのですが、なかなかそうも行きません。

でも考えて下さい。

コーヒーを入れるのは、偉い人ではありません。

断りかた

「ありがとうございます。せっかくコーヒーを入れて頂いたのですが、体質的にコーヒーが飲めないんです。」

と、コーヒーが提供された後に断っても、問題ありません。

空気的に断りづらい場合は、

カップに唇だけつけて、飲んだふりでごまかしましょう。!

その後は、話に集中して飲むのを忘れたことにしてください。

無理して、飲み干さなくても大丈夫です。

まとめ:コーヒーが飲めないのは恥ずかしくない!『体質』を理由に断ろう!

コーヒーを提供するという行為は、決して嫌味でしていることではありません。

相手は良かれと思って提供してきます。

どんな場面でも、まずはこの気持ちに対して「ありがとう」と感謝を伝えましょう。

コーヒーの断り方のまとめ
  1. 断る理由は、『体質的に』
  2. 周囲の人にコーヒーが苦手と公言する
  3. 「おこちゃまだね~」と言われても笑い飛ばす
  4. 普段からマイボトルを持ち、飲み物にこだわりがある人になる
  5. 取引先で断れない場合、無理に飲まなくてもよい
  6. 相手の好意には、必ず感謝をする

あなたは、提供されたコーヒーを断る事に対して、

相手の好意を否定している、傷つけるのでは…と思うかもしれません。

でも「断る」=「相手を否定」ではありませんよ。

好意に感謝し、素直に断る

この気持ちを大切にしてください。

少しでもコーヒーを断る勇気が出たら幸いです。

よつば