心と身体

まだ間に合う!独身のうちに、やるべきことベスト5を教えます。

結婚をすると、毎日大好きな人と幸せな日々を過ごせると夢見る女性は多いと思います。

しかし、結婚や出産で環境が変わると

「独身のうちにやっておけば良かった・・・」

と思うことが増えてきます。

こんな人にぴったり
  • これから結婚する予定の人
  • 独身生活で何をすればいいか模索中の人
  • 既婚女性が独身時代に何をしたか知りたい人

そんな独身女性が結婚後に後悔しないために、私が独身のうちにやって良かった!と思ったことを紹介します。

この記事では、私が

  • 独身のうちにやっておいて良かったことベスト5
  • 独身のうちにやればよかったと後悔していること

が書かれています。

30代で結婚した私が、独身のうちにやっておいて良かったと心から思うこと、ベスト5がわかります。

独身のうちにやっておいて良かったこと、ベスト5

では早速、ランキング形式にご紹介しましょう!

よつば
よつば
私は30歳すぎて結婚したので、20代は独身謳歌しました!

第5位:『一人暮らしをする』

第5位は一人暮らしの経験ができた事です。

大学の進学を機に一人暮らしを経験し、結婚するまでの10年以上は一人で暮らしていました。

一人暮らしを始めた頃は、毎日寂しくてホームシックになっていました。

そして改めて、両親の偉大さに気づくことができましたね。

高校生の頃までは両親に対して反抗する場面もありましたが、一人暮らしを経験したことで両親に感謝の気持ちが生まれました。

また給料内でどう生活していくべきかも考え、行動するようになりました。

一人暮らしを経験できたから、今の生活に合わせた家計管理が出来たり、お金に対する知識が増えたのかなと感じます。

この頃に1000万円の貯金が出来たのは、今の自分の強みです。

一通りの家事も出来るようになったし、生きる知恵がついたなと思います。

よつば
よつば
一人暮らしは自由!

眠ければ1日中寝てもいいし、好きな時間にご飯を食べて、一日中好きなことをしても誰からも文句は言われない。

誰かと暮らすのもいいけど、やっぱり一人暮らしは自分のことしか考えないからラクだったなと思います。

第4位:『夜遊びをする』

第4位は夜遊びです。

友達と夜通し飲んでカラオケに行ったり、出会いを求めて合コンをしてました。

今はもうオールで遊んだりするのは、体力的に無理ですね。

合コンもハズレ合コンが大半でしたが、色々な男性を見てきて、自分がどんな人がタイプでどうゆう男性に惹かれるのかを知ることができたので良しとします。

顔がタイプでも性格が合わない人、性格はいいんだけど清潔感がない人、人と付き合うのってこんなに難しいんだと肌で感じました。

今の旦那と出会う前は「婚活」を頑張ってましたね~!

当時一緒に夜遊びを楽しんでいた友達のほとんどがママや既婚者となり、夜遊び→ランチ会になりました!

私は沖縄に引っ越してしまいましたが、定期的に連絡をとったりする大切な仲間ができました。

第3位:『高価な買い物をする』

第3位は買い物です。

20代前半のころはブランド物の10万円以上のバックや靴、アクセサリーを海外旅行に行っては買っていました。

当時はそのブランド品を買うために頑張って働いていましたからね。

今となっては家で眠っているものもありますが、その品を見ると当時の楽しい思い出が蘇るので後悔はありません!

私は数点しかアクセサリーを持っていません。

厳選したアクセサリーは、どれも思い出があり長く使える大切な大切な宝物です。

また化粧品も、新しい商品で気になるブランドがあれば予約して購入していました。

色々試したからこそ、今の化粧品に落ち着けました。

年々歳を取るうちに物欲が無くなったというか、欲しいものがブランド品から実用的なものに変わってきたかもしれません。

今は25万のカバンをプレゼントされるより、25万で最新の洗濯機など家電が欲しいと思っちゃいます。

よつば
よつば
時短家電が欲しい!

第2位:『脱毛をする』

第2位は脱毛です。

私の場合、美容脱毛のミュゼに通っていました。

医療脱毛の方が効果が早くて通う回数も少なくていいと聞きますが、当時周りにミュゼに通っているが多かったことと、脇とVラインが無料だったのでミュゼで契約しました。

しつこい勧誘もないし、サロンは綺麗でしたが、通う回数が必要だったのがネックでした。

毛が生える周期があるので仕方ないんでしょうね。

始めは脇とVラインと手足だけにしていたのですが、途中からVIOも含め他のところも脱毛したくなり追加しました。

そのため、トータル5年くらい通ったんじゃないか?と思うくらい、脱毛に通いましたね。

ミュゼは医療脱毛に比べたら、時間がかかるかもしれません。

しかし毎月何かしらのキャンペーンはしているし、お値段は良心的なところが魅力です。

私の場合、だらだらとミュゼ通ってましたが、今は脇やVラインを始め、手足などはツルツルです!

高校生の頃、自己処理をしてたので脇のぶつぶつが気になってましたが、今はあの頃が嘘のように毛穴が目立ちません。

今でもたま~に産毛程度は生えてきますけど、シェービングをささっとしておしまいです。

よつば
よつば
旦那にもツルツル肌を褒められます。

[jin_icon_pen color=”#e9546b” size=”18px”]ミュゼが気になる方はこちらから↓

MUSEE PLATINUM

脱毛以外にも、美容鍼やホワイトニング、ホットヨガにも通っていました。

俗に言う、キラキラOLを目指していました。

第1位:『旅行をする』

堂々の第1位は旅行です。

年に1回は友達と海外旅行をしたり、時間が合えばどこかしら国内旅行をしました。

海外旅行になると1週間程度家を空けることになります。

既婚者だと配偶者の理解がないと難しいので、独身のうちに行けて良かったと思っています。

旅は慌ただしい日常を忘れさせてくれます。

持論ですが、海外旅行は気の合う同性と行くべき!と思っています。

彼と行くのもそれはそれで楽しいと思いますが、私の「可愛い!」「素敵!」を共感してくれるのは女友達です。

また私の両親は旅行が好きなので、熱海や四国に連れて行ったりと、私なりの親孝行もしました。

「独身だから!」と口癖のように言いながら、自分のためにとことんお金を費やしてきましたね。

後悔しないように遊んだので、今こうやって離島でのんびり過ごすのも悪くないな~と思える自分がいます。

独身のうちにやれば良かったと後悔したこと

逆に独身のうちにやれば良かったと後悔したことは、

『資格や勉強、習い事』です。

独身のうちに、再就職に有利な国家資格でも取れば良かったなと後悔しています。

私の持っている国家資格は特殊すぎて、その業界でしか働けません。また料理だったり、何か習い事をしてスキルを身に付ければ良かったなと思います。

しかし私の妹は産休と育休を利用して保育士の資格を取っていたので、やる気さえあれば何歳でも色々なことに挑戦できます。

興味があることが見つかれば、これからチャレンジをしたいなと考えています。

まとめ:『独身のうちは自己投資をしよう!』

私の独身のうちにやって良かったこと、ベスト5は以下の通りです。

私が独身のうちにやって良かったこと
  1. 旅行をする
  2. 脱毛をする
  3. 高価な買い物をする
  4. 夜遊びをする
  5. 一人暮らしをする

振り返ってみたら、たくさん遊んだ独身時代を過ごしました。

「結婚する気ないしょ?」と何人の友人に言われたことやら・・・

何も考えずに自己投資が出来るのは、独身ならではの特権です。

うわ~浪費家だな…と思われたかもしれません。

しかし、遊びながらも貯金はしていましたよ。

よつば
よつば
「楽しみながら貯金もする」がモットー!

この記事にたどり着いた、独身女性の参考になればと思います。

よつば